MENU

IMPLANT

インプラント治療

1,000症例以上の実績ある歯科医師

  • 当院でインプラント治療を担当するのは、これまでに1,000症例以上(2020年現在)を手がけてきた、経験豊富な院長です。

    インプラント治療は、外科手術を伴う高度な治療です。インプラントを埋め込むあごの骨の周辺には重要な血管や神経が存在します。このような組織を傷つけずに手術を成功させるには、高い技術や豊富な経験が不可欠です。

    院長は、月150症例以上(2020年現在)のインプラント治療を手掛ける歯科医院での勤務経験を有し、自身のインプラント治療実績は1,000症例以上(2020年現在)にのぼります。さらに、ICOI国際インプラント学会に所属し、インプラント治療の最新の知識や技術の向上に努め、日々精進しております。

    経験・実績ともに豊富な歯科医師が治療を担当いたしますので、安心してお任せください。

  • 難症例もお任せください

    インプラント治療はできないと言われた方も、ぜひ当院にご相談ください。当院であればインプラント治療が可能な場合があります。

    インプラント治療ができない主な理由は、インプラントを埋め込む部分に十分な骨がないことです。その対応として、不足している部分に骨を増やす治療法がありますが、この治療は歯科医師なら誰にでもできるというものではありません。高度な技術が必要な難しい治療法であるため、知識や経験が豊富な歯科医師による対応が安心です。

    当院の歯科医師は経験・実績が豊富ですので、「ソケットリフト」や「GBR」と呼ばれる骨を増やす治療のご提供が可能です。過去にインプラントはできない、と言われた方もあきらめずに一度ご相談ください。

痛みの少ないインプラント治療

  • 通常のインプラント手術では、歯ぐきを切開してあごの骨を露出させ、人工の歯根(歯の根っこ)であるインプラント本体を埋め込みます。
    しかし、骨を露出させるために歯ぐきを大きく切開すると、そのぶん傷口が大きくなりますので、出血が増え、術後の痛みも強くなります。このような痛みや体への負担にご不安を感じ、インプラント治療をためらう方も多いことでしょう。
    そこで当院では、痛みやお体への負担が少ない「フラップレス手術」という手術法を取り入れています。フラップレス手術は、歯ぐきを切開しません。歯ぐきに小さな穴をあけて、そこからインプラントをあごの骨に埋め込んでいく方法です。歯ぐきを切開しないため、歯ぐきの傷は小さな穴だけ。切開した時のように縫合する必要もありません。出血や腫れが少なく、術後の痛みもかなり軽減されます。

  • また、歯ぐきを切開する場合よりも手術時間が短く、ほとんどの場合は5~10分程度で終わります。その上、フラップレス手術は1回だけで治療が可能です。通常のインプラント治療では2回の手術が必要なのに比べると、患者様の疲労は大きく抑えられます。
    このように、フラップレス手術は良いことづくめの手術法ですが、治療結果が歯科医師の力量に大きく左右されやすい方法でもあるのが事実です。

    歯ぐきを切開してあごの骨を露出させて行う手術ならば、あごの骨を実際に見てインプラントの埋め込みができます。しかし「フラップレス手術」は、歯ぐきの上から骨を見ずにインプラントを埋め込まなければなりません。このような難しい手術を無事に成功させるためには、歯科医師の豊富な治療経験と高度な技術が必要です。

    その点、当院でインプラント治療を担当する院長は、インプラント治療で1,350症例(2020年現在)の実績から得た知識・技術がございます。安心して治療をお任せいただけるのではないでしょうか。

    また、より精密で丁寧なインプラント治療を実現させるためには、医療設備も重要です。特にフラップレス手術にはCT撮影やシミュレーションシステムを使った診断、さらに術前の念入りなシミュレーションも不可欠であるため、それに対応できる最新の機器が医院に揃っていることも欠かせません。
    歯科天陽堂柴田医院は湖西市でも数少ない、インプラント治療に必要な技術と設備が整った歯科医院です。痛みの少ない、お身体に優しいインプラント治療をお求めの際は、お気軽にご相談ください。

患者様を守る安心への取り組み

  • 外科手術を伴うインプラント治療では、普通の歯科治療に比べより綿密な検査と治療計画が必要です。インプラントを埋め込むあごの骨周辺には重要な神経や血管があり、それらを傷つけると重大な事故を引き起こしてしまうからです。当院はそのようなことが起きないよう、術前の検査に力を入れています。

    まずはCTを用いた検査で、あごの骨の厚みや高さ、神経や血管の位置をしっかりと把握。次に「サージカルガイド」と呼ばれるシミュレーションソフトを使い、どこにどんな風にインプラントを埋め込むかをシミュレーションし、患者様と一緒に確認いたします。シミュレーションソフトを使いながら治療計画を立てることで、手術中の重大な事故を防ぎ、安全な治療に努めています。

  • また、手術中には「生体モニター」で、患者様のお体の状況を管理。顔色など見た目だけでは判断できない、心拍数や体温、血圧、酸素飽和度、心電図を常に測定・記録できる体制を整えております。万が一異変が起こった場合でも迅速に対処するため、患者様のお体全体をしっかり確認し、より安全な手術を行います。

  • 感染予防対策を徹底しています

    病院内で別の病気に感染してしまうことを「院内感染」といいます。インプラントの治療中は外科的な処置を行いますので、当院では細心の注意を払い、感染予防対策を徹底しております。

    その取り組みのひとつが、オペ室です。専用のオペ室は個室となり、一般治療を行う診療室とは遮断されています。空気中に混じっているかもしれない、汚染物質の侵入リスクを抑えています。

    また、院内感染は主に、治療に使用する道具が細菌に汚染されている場合に起こりやすいため、歯科医師や歯科衛生士が使うグローブやマスク、ガウン、治療器具を置くトレーなど、使い捨てにできる道具はなるべく使い捨てに。患者様間で、同じ道具を使いまわすことを絶対にいたしません。

    どうしても使い捨てにできない治療器具は、汚染の原因となりえる血液や唾液を確実に洗い流し、その後に消毒・滅菌を徹底。常に清潔な器具を患者様に使用できる環境を整えております。

  • 料金を明確に提示

    インプラント治療をご検討の際、ネックとなりがちなのがその費用かもしれません。インプラント治療は健康保険が使えないため、自費治療になるからです。その上、歯科医院によって治療費が異なり、総額でいくらになるかが事前にハッキリわからず、ご不安に思われることもあるでしょう。

    患者様にそのような思いを抱かせないよう、当院では治療費を明確にご案内しています。検査費用や手術代金、被せ物の料金などをすべて含め、インプラント治療は1本あたり350,000円(税込)です。

    最初にご提示した治療費以外の費用はかかりませんので、費用の心配を減らしてインプラント治療を受けていただけるのではないでしょうか。

  • インプラント治療について
    治療の説明 失われた歯のあごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯(かぶせもの)をつける治療法です。
    治療のリスクや副作用 手術後にメインテナンスを継続しないと、インプラントが抜け落ちる可能性があります。
    治療の価格 すべて含まれたフルパッケージ価格
    インプラント1本350,000円(税込)
    (デンタルローン・各種クレジットカードご利用できます。)
    (デンタルローン利用例:月々10,600円/36回払い)

インプラント治療の流れ

  • STEP01検査

    検査器具やレントゲン、CTで、歯やあごの骨の状態を調べます。

  • STEP02治療計画の説明

    歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

  • STEP03手術

    インプラント本体をあごの骨に埋め込みます。

  • STEP04人工の歯を装着

    インプラント本体の上に人工の歯を装着します。

  • STEP05メインテナンス

    インプラントを長持ちさせるために、シーズンごとの定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

症例紹介